マーケティングには欠かせないCM広告の超絶活用

CMの効果

テレビコマーシャルの効果と相場価格の関係

一般市民に対して絶大な影響力を誇るテレビは、企業からしてみても安定した宣伝媒体として長く信頼されています。テレビコマーシャルは今日において主流なインターネット広告と比べるとコストこそ高いですが、不特定多数の視聴者に向けて確実に自社のテレビコマーシャルを見てもらえるという利点があります。インターネット広告の場合は、それは無数のページのうちの一部分に過ぎずテレビコマーシャルと比べると影響力も限定的です。テレビコマーシャルの相場は多岐に渡り、放送局や時間帯によっても大きく異なります。例えばローカルテレビ局では1万5000円で頼めるコマーシャルが、大手テレビ局では30万円ほど掛かります。また、視聴者の多いゴールデンタイムでは数百万単位が相場です。安さばかりに着目し、ローカルテレビ局での放映を繰り返しても効果は限定的であるため、それらの影響力の有無を考えなければなりません。

テレビ広告とその他の宣伝媒体の形態の違い

宣伝として用いられる媒体は多岐に渡りますが、テレビと新聞とインターネットが主流です。この中で最もコストが必要とされているのが新聞の一面で、これは数千万円単位とされています。発行部数の多さと紙媒体ゆえ影響が持続するという点において、その宣伝効果が保証されてるのです。これも新聞社毎に単価が異なります。次に高コストなのがゴールデンタイムのテレビコマーシャルで、これは数百万単位です。新聞と同様不特定多数に発信することができますが、新聞と違い15秒間で形をなくしてしまうので、新聞より単価は安いです。他にもラッピング広告や電柱広告などもありますが、これらは数千円の単価。インターネット上の広告は数円単位からと非常に低価格です。インターネット上の広告は非常に単価が安いため、物量的な宣伝形態を取ることになりますが、こうした過剰な広告は購買意欲を失わせてしまう恐れもあるため注意が必要です。

Copyright © 2015 マーケティングには欠かせないCM広告の超絶活用 All Rights Reserved.